植物の趣味が高じてくると、たまに耳にするようになる、ワシントン条約やCITES(サイテス)という言葉。聞いたことはあるけれど、一体どういう意味なのか?今さら聞けない!という人のためにざっくり説明いたします!

そもそもワシントン条約・CITESって何なの

ここは詳細を書くとかなり長くなってしまいますので、とりあえず、世界共通で定められた「生き物を守るための法律」だと思ってください。動物も植物も生き物ですので、ワシントン条約の一覧に記載された品種は保護対象となります。逆に、一覧に記載がなければ保護対象ではないので、自由に輸出入できる、という事ですね。 ワシントン条約の正式名称が「絶滅のおそれのある野生動植物種の国際取引に関する条約」で、これを英語にするとConvention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Floraとなります。頭文字を取って主にCITES(サイテス)と呼ばれます。

どの植物がCITESの対象なの?

CITESには、付属書という物があり、そこに保護対象となる動植物がリストされています。I類とII類という分類があり、I類の方が厳しく基本的に国家間の取引は無理で、II類は書類を取れば商業取引OKとなっています。
また、I類には輸入許可が必要ですが、II類には輸入許可は不要です。

よく目にするので、そんな品種も?と思いがちですが、アロエ全種、パキポディウム全種、ユーフォルビア全種、アボニア・アナカンプセロス全種、サボテン全種はCITESの規制植物です。他にもソテツやオニソテツ(エンセファラルトス)なども規制対象です。
CITESに入っているからと言って、販売してはいけないわけではなく、あくまでも、国家間の移動に規制がかかるだけです。
また、CITESとは関係なく、特定の国からは輸入できない「輸入禁止品目」というのもあります。

CITES記載の植物、メデルではどうやって輸入しているの?

メデルでは、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカなど、さまざまな国や地域から植物を輸入していますが、ちゃんとCITESの許可を得ている輸入元に依頼して輸入しています。CITESの書類は全世界共通ですが、国ごとにちょっとずつデザインが違うので、何度も輸入しているといろんな国からの書類があって面白いです。
タイからきたCITES書類
これはタイからのCITES書類。ガルーダが印刷されています。

CITESの書類の発行スピードも国ごとで違います。申請から書類が出来上がるまで1ヶ月ほどかかる国もありますし、1日でできてくる国もあります。この辺をしっかりと計算して、途切れないように商品を入荷するのは、お店としての腕の見せ所ですね。

CITES I類の植物は諦めるしかない?

実は、I類でも輸入できる方法があります。
CITESのI類に記載されている植物でも、「原産地証明書」を現地のナーセリー(育成者)が取得できれば、II類扱いとなり、商業取引が可能なのです。とはいえ、I類の原産地証明書を取得するのは非常に手間がかかるため、個人でナーセリーに頼んだらやってくれる、という物ではありません。
お店や輸入業者が頑張って現地のナーセリーにお願いしていくしかないのです(^^;;



関連記事
ちょっと多肉趣味が進んでくると必ず手を出すハオルチア!しかし、育て方にいろいろ戸惑いが多いのも事実です。そんな疑問をスッキリ解決しちゃいます! ...続きを読む
いろいろな所で目にする実生(みしょう)という単語。この株は実生だから...とショップやセリ会、ブログなどで見たり聞いたりはしたものの、結局なんなのかよくわかっていない!というみなさんへ。 ...続きを読む
連載第二回となりました!
前回は「統一感」というキーワードを頭に入れて配置するとかっこよくなるんだよ、という所までは何となくわかって頂けたかな~?と思います。ただ、統一感って、わかっちゃいるけどやめられないエビ煎的な、ふわっとわかってはいるんだけど、具体的によくわからない、という人も多いかと思います。そこで今回は、もう少し具体的な内容として、見た目の印象が変わりやすい植物の「密度」に着目してみます!
...続きを読む
新連載記事開始!
もっと素敵なレイアウトを考えてみませんか?

...続きを読む
いろいろな事情で植物を手放さなければいけない...そんな時に力になりたいと思い、サボテン・多肉植物の買い取り・引き取りサービスを始めました! ...続きを読む
サボテン・多肉ファンの皆さま、お待たせしました!メデル店長が今までの多肉趣味で培ってきた用語/単語集ができました! ...続きを読む
ユーフォルビア・スザンナエ (ドラゴンボール or 瑠璃晃)(Euphorbia suzannae)は南アフリカ原産の人気ユーフォルビアです。今回の記事では、普通には出回らないいろいろなタイプのスザンナエをご紹介していきます! ...続きを読む
Medelle 多肉植物の店~メデル~にはいろいろな多肉植物やサボテンが入荷します。
個性的な姿形をしている品種、面白い背景を持つ品種など、いろいろとご紹介できたらと思っています!
今日ご紹介するのは、晃山(光山) Leuchtenbergia principisというサボテンです。この不思議な形のサボテンについて、もっと知ってみましょう! ...続きを読む
皆さん、道具使ってますか?
最初の多肉植物ってホームセンターだったり、雑貨屋さんなどで買うことも多いと思います。そうすると、道具って「100均でいいや…」となりがちなんですが、いざ使ってみると、やっぱり100円の道具は使い物にならない事が多いのです。
生花と違って、長いお付き合いになる多肉植物。どうせなら、道具もいい物を使いたいなと思った時に何を買ったらいいのか?どんな基準で選んだらいいのか?メンテは?価格は?
いろいろな質問を刃物の専門店さんに聞いてきました! ...続きを読む
Medelle 多肉植物の店〜メデル〜が岡崎市を含む三河エリアの情報誌「咲楽」に掲載されました! ...続きを読む
サボテンは存在が確認されているだけで5000種を超えると言われていますが、1属1種の品種はその中でも珍しい存在です。今回の植物記事では帝冠、Obregonia denegrii(オブレゴニア・デネグリイ)をご紹介します。 ...続きを読む
5000種にもなるといわれるサボテンたちは多肉植物の中の一大勢力。
どこか愛嬌があって、かわいいですよね。そんなサボテンが登場するテレビCMを集めてみました。 ...続きを読む
新しい事をいろんな人とやりたい!と活動を続けているMedelle 多肉植物の店~メデル~ですが、今回は鉢業界の中でも格調の高い「おもと鉢」の製造をされている安城市の(有)愛楽園さんとのコラボレーションが実現しました! ...続きを読む
岡崎市の名物タウン誌リバ!(正式名称:一番ディープな岡崎本リバ!)に掲載されました!掲載されたのは「街ネタ」コーナーで、34ページにMedelle 多肉植物の店~メデル~の紹介がされています。
...続きを読む
みなさん多肉植物育ててますかー?
暑くなる夏、多肉植物にとっても大変な時期ですね。この人にも植物にも厳しい夏を乗り切るためにも、また、その後に控えている秋・冬のためにも、多肉植物を育てるときにぜひ知っておいてほしい5つの事があります。 ...続きを読む
2014年6月15日、愛知県岡崎市に待望の多肉植物専門店「Medelle 多肉植物の店~メデル~」がオープンしました! 多肉植物のみの販売としては市内初、近隣の豊田市、安城市、知立市などにも専門店がない事から、エリア内の多肉植物愛好家には嬉しい知らせ!? お近くに来られた際は、ぜひお立ち寄り下さい! ...続きを読む