新連載記事開始!
もっと素敵なレイアウトを考えてみませんか?

今回から新しく連載とさせて頂くことになりました、センスのいい植物の置き方・見せ方という事で…ちょっとテーマのハードルが高いかなと思いつつ、ありったけのセンスのエッセンスを注入していきたいと思います(生暖かく見守ってくださると嬉しいです…)。

 

多肉のショップをやっていると、いろんな方からいろいろなご意見を頂くわけですが、その中でも意外と表面化していないのが「置き方・見せ方」ではないでしょうか? 珍しい多肉を買って、一人ニマニマするのはもちろん至福の瞬間なのですが、今まで「何かキモイ」とか「全然わからん」と言われたあいつやこいつの意見が「カッコイイ!」「カワイイ!」になったら、それはまた違う喜びになることでしょう!そんなワンランク上を目指すタニラーに向けての連載です。ぜひ皆さんのご意見もお聞かせください。
なにそれおいしいのなかなか家族の理解を得られないタニラー。


彼女に「植物ってかっこいいんだね!」とか、旦那に「前よりかわいく見えてきた!」って言ってもらえる日はもう目の前に迫っているのです。「増やしたら許さん」と言われるよりも、「またいいのが増えたね!」と言ってもらえるようになりたいですね。そして多肉に興味のなかったミイラ取りをミイラにしてやろうではありませんか!ふはははは!

さて、ほどよく高笑いしたところで本題に入りたいと思いますが、その前に一つ。皆さんはアレ、読まれました?そう、カッコイイ多肉の紹介がされた本として有名なBRUTUSの植物特集です。雑誌のレベルが高いと、デザインもレイアウトもかっこいいですよね。ただ、かっこよすぎて、なかなかどうして…自分のリアリティに合わない感じもします。住んでる家がハイセンスならば良いのですが、うちは普通のアパートですから、吹き抜けのリビングもないですし、もうないない尽くしです。しかし幸いな事に、お家がハイセンスであれ、フツーであれ、植物を置ける場所というのは限られていて、ほとんどの方がこの4つの場所に植物を置かれていると思います。

1.窓際
2.ベランダ
3.庭
4.温室

4の人はセミプロかプロみたいな方でしょうし、3はガーデニングの範疇なので、とりあえず今回の連載でターゲットとなるのは1と2で植物を育てている方となります。

さあ!準備はよろしいですか?

植物レイアウト: そもそもなぜかっこ悪い?

そうなんです。
まずは、ここを理解しないと始まらないんです。

例えば、ジーンズにTシャツまではいいけど、赤いバンダナを足したらダメなんです。浜辺にマトリックスみたいな格好は似合わないし、友人の結婚式に白いドレスを着てはダメ。これ常識ですよね。
こういう基本的な事が「植物をかっこよく見せる」という今回のテーマにも存在するんですよー。言ってみれば、レイアウトの基本中の基本というやつでしょうか?単品としての完成度だけなら大丈夫でも、それを組み合わせた時にうまくいかない...そういう事もありますよね。TPOに合った、植物の場合は家の雰囲気に合った、最終的な完成度の高いレイアウトを目指したい。
大丈夫。最初から出来る人は少ないですから、恥ずかしがらずに基本から確認してみましょう。

植物レイアウト: かっこよさ・かわいさの基本「統一感」

特撮番組で○○戦隊みたいなのを見た事が多少なりともあると思います。私も小さい頃よく見てましたが、5人にはカラーがそれぞれありましたよね。赤、青、黄色、緑、桃。赤と黒が入れ替わるのもありましたが、やっぱり5人それぞれ別の色でした。関係ないですが、僕はサンバルカンという3人物が好きでしたよ。
さて、戦隊5人グループ。これがもし、赤が2人、緑2人で桃1人だったら…なんじゃそりゃ!ってなりますよね。色かぶってるよ!変身後誰が誰だかわかんないよ!と悲しみに包まれてしまいそうです。 では、アイドルグループの嵐の5人のうち1人だけがもし身長2mだったら?それはそれで需要があるのかもしれませんが…普通の人が普通に見たら、5人並んだ時に何か違う!ってなりませんか?センターだったらまだギリギリ許せるかもしれませんが、4人目とかだったら、本当にセンスを疑いたくなりますね。いじめか。

これはいいけどこれはいいけど
これはダメこれはダメ(何か違う)

色かぶってる…
もうお気づきだと思いますが、このモヤモヤする感じの正体が「統一感」なのです。カラフルで5色バラバラなのがヒーローだし、みんな背格好が似てるのがアイドルグループなんです。植物をレイアウトする際も、この統一感を出す事で、さほど何も変化がないように見えてもグッと惹きつけられる、良いレイアウトになる、という事を覚えておいてください。

さてここで、タイトルの写真を見てみましょう。
レイアウトしよう ちょっと手前味噌で恥ずかしいですが、何となくカッコイイ感じになっていると思いませんか?この写真、植物の高さこそバラバラですが、鉢が全て統一されているのです。また、鉢の色も、実は後ろの背景色に合わせて白で統一されているのです。植物は緑と茶色が多いですから、背景色はせっかくの植物が沈んでしまわないように、それ以外の色が良いですよね。
付け加えると、下の茶色いレンガ部分もポイントです。画面の上下で白と茶のコントラストがハッキリ出るのと、白い鉢と茶色い土が同じコントラストになるのが良いです。これも統一感に貢献しています。
さて、これが全て白と茶色だけだと統一感はあるけれども、つまらない。そこで植物の緑色と、奥の方のイエローが生きてきます。イエローは寿司ネタのガリみたいな役目ですね。専門用語では差し色と言います。こういった差し色や、背景には植物で表現しづらい色を配置すると手軽に上級者っぽい雰囲気が作り出せると思います。

ポイント:
・鉢の種類や色を統一する
・背景をシンプルにする
・可能ならいい感じに差し色を入れる


というわけで、次回はレイアウトと密度について書いてみたいと思います。



関連記事
ちょっと多肉趣味が進んでくると必ず手を出すハオルチア!しかし、育て方にいろいろ戸惑いが多いのも事実です。そんな疑問をスッキリ解決しちゃいます! ...続きを読む
いろいろな所で目にする実生(みしょう)という単語。この株は実生だから...とショップやセリ会、ブログなどで見たり聞いたりはしたものの、結局なんなのかよくわかっていない!というみなさんへ。 ...続きを読む
植物の趣味が高じてくると、たまに耳にするようになる、ワシントン条約やCITES(サイテス)という言葉。聞いたことはあるけれど、一体どういう意味なのか?今さら聞けない!という人のためにざっくり説明いたします! ...続きを読む
連載第二回となりました!
前回は「統一感」というキーワードを頭に入れて配置するとかっこよくなるんだよ、という所までは何となくわかって頂けたかな~?と思います。ただ、統一感って、わかっちゃいるけどやめられないエビ煎的な、ふわっとわかってはいるんだけど、具体的によくわからない、という人も多いかと思います。そこで今回は、もう少し具体的な内容として、見た目の印象が変わりやすい植物の「密度」に着目してみます!
...続きを読む
いろいろな事情で植物を手放さなければいけない...そんな時に力になりたいと思い、サボテン・多肉植物の買い取り・引き取りサービスを始めました! ...続きを読む
サボテン・多肉ファンの皆さま、お待たせしました!メデル店長が今までの多肉趣味で培ってきた用語/単語集ができました! ...続きを読む
ユーフォルビア・スザンナエ (ドラゴンボール or 瑠璃晃)(Euphorbia suzannae)は南アフリカ原産の人気ユーフォルビアです。今回の記事では、普通には出回らないいろいろなタイプのスザンナエをご紹介していきます! ...続きを読む
Medelle 多肉植物の店~メデル~にはいろいろな多肉植物やサボテンが入荷します。
個性的な姿形をしている品種、面白い背景を持つ品種など、いろいろとご紹介できたらと思っています!
今日ご紹介するのは、晃山(光山) Leuchtenbergia principisというサボテンです。この不思議な形のサボテンについて、もっと知ってみましょう! ...続きを読む
皆さん、道具使ってますか?
最初の多肉植物ってホームセンターだったり、雑貨屋さんなどで買うことも多いと思います。そうすると、道具って「100均でいいや…」となりがちなんですが、いざ使ってみると、やっぱり100円の道具は使い物にならない事が多いのです。
生花と違って、長いお付き合いになる多肉植物。どうせなら、道具もいい物を使いたいなと思った時に何を買ったらいいのか?どんな基準で選んだらいいのか?メンテは?価格は?
いろいろな質問を刃物の専門店さんに聞いてきました! ...続きを読む
Medelle 多肉植物の店〜メデル〜が岡崎市を含む三河エリアの情報誌「咲楽」に掲載されました! ...続きを読む
サボテンは存在が確認されているだけで5000種を超えると言われていますが、1属1種の品種はその中でも珍しい存在です。今回の植物記事では帝冠、Obregonia denegrii(オブレゴニア・デネグリイ)をご紹介します。 ...続きを読む
5000種にもなるといわれるサボテンたちは多肉植物の中の一大勢力。
どこか愛嬌があって、かわいいですよね。そんなサボテンが登場するテレビCMを集めてみました。 ...続きを読む
新しい事をいろんな人とやりたい!と活動を続けているMedelle 多肉植物の店~メデル~ですが、今回は鉢業界の中でも格調の高い「おもと鉢」の製造をされている安城市の(有)愛楽園さんとのコラボレーションが実現しました! ...続きを読む
岡崎市の名物タウン誌リバ!(正式名称:一番ディープな岡崎本リバ!)に掲載されました!掲載されたのは「街ネタ」コーナーで、34ページにMedelle 多肉植物の店~メデル~の紹介がされています。
...続きを読む
みなさん多肉植物育ててますかー?
暑くなる夏、多肉植物にとっても大変な時期ですね。この人にも植物にも厳しい夏を乗り切るためにも、また、その後に控えている秋・冬のためにも、多肉植物を育てるときにぜひ知っておいてほしい5つの事があります。 ...続きを読む
2014年6月15日、愛知県岡崎市に待望の多肉植物専門店「Medelle 多肉植物の店~メデル~」がオープンしました! 多肉植物のみの販売としては市内初、近隣の豊田市、安城市、知立市などにも専門店がない事から、エリア内の多肉植物愛好家には嬉しい知らせ!? お近くに来られた際は、ぜひお立ち寄り下さい! ...続きを読む